時事問題

2/6ページ

自由度が後退!? 新NAFTAのサイドレターにて米国の自動車・自動車部品の輸入制限

  • 2020.08.11

新NAFTA(USMCA)本文とは別にサイドレターが米メキシコ間と米カナダ間が結ばれました。当該サイドレターにて米国の自動車・自動車部品輸入に対する追加関税の適用除外となる数量・金額上限が設定され、合意されました。なお、追加関税を米国が発動した場合、メキシコが上限を超過する可能性が高いので注意してください。

メキシコ拠点不利!?2020年7月新NAFTA発効 完成車原産地規則4要件!!

  • 2020.08.10

 2020年7月、米国、メキシコ、カナダの自由貿易協定である新NAFTA(USMCA)が発効しました。完成車の原産資格を得るには、4つの要件を満たす必要があります。特にメキシコで自動車を生産している場合、原産資格が認められなくなる可能性が高いので再度検証ください。

自由度が後退!?2020年7月 新NAFTA発効 自動車の原産地規則の厳格化!

  • 2020.08.09

2020年7月、米国、メキシコ、カナダの自由貿易協定である新NAFTA(USMCA)が発効しました。注目すべきは、自動車の原産地規則が厳格化された点です。その結果、今まで原産性を認められていた自動車分野の産品でも、原産材料の割合によって今後認められなくなる可能性がありますので、再度検証ください。

米国トランプ政権 カナダからのアルミ輸入に対し10%の追加関税復活 !

  • 2020.08.08

米国トランプ政権は、カナダからの非合金アルミアルミ塊輸入に対し2020年8月16日から10%の追加関税を課す予定です。2019年6月から2020年5月に、カナダからの非合金アルミニウム塊(HTSコード7601.10)の輸入がそれ以前の12カ月と比較して86%増加したことがその理由とされています。したがって、2019年5月に一度撤廃された追加関税が復活する形になります。

関税削減!日米FTA 譲許表の見方!!いつ関税ゼロになるのか?

  • 2020.07.03

譲許表は関税削減のスケジュールで、いつ関税撤廃されるか(あるいは、一定水準まで下がるか)といったことが記載されています。日米FTA(日米貿易協定)では即時撤廃は「A」といった形で、アルファベット毎に撤廃スケジュールがきめられていて、「K」までの11種類あります。今回は実際の譲許表を確認しながら、アルファベット5種類について実際に現時点では関税何%かといった解説をしました。

関税削減!!新型コロナウイルス影響であれば、原産地証明書原本の提出が猶予されます!

  • 2020.06.29

新型コロナウイルスの影響で原産地証明書の申請、取得、発行、日本への送付が困難である場合、日本通関時の証明書提出を猶予できます。税関の了承を得れば、原産地証明書を提出せずに、特恵税率またはEPA税率を適用して輸入可能です。後日証明書を取得・発行できる状況になったら速やかに発行して、税関に提出ください。

半年間通関申告猶予!!イギリスは2021年1月から6月までEUからの輸入につき通関緩和措置をとります

  • 2020.06.23

2021年1月から6月までは、EUからイギリスの通関申告は猶予されます。なお、2021年7月からは、EU域外からの輸入と同様の通関手続きが必要になります。今後EUとイギリスでFTAが締結されたとしても、今までと異なり通関手続きは必ず必要になりますので注意してください。

1 2 6
Translate »