消費税

1/2ページ

日本のGDP成長率マイナス25%の予測! 1929年の世界恐慌と比較しました

  • 2020.04.20

2020年4~6月期実質GDP成長率(前期比年率)の見込みがマイナス7.2%からマイナス25%に予測が修正されました(ゴールドマンサックス証券予測)。2020年3月の日本の輸出入も前年同月比で大幅に下落しています(輸出11%減、輸入5%減)。1929年の世界恐慌と比較してどのくらいの落ち込みか比較してみました。

軽減税率要注意!国と地方の配分比率 消費税8%時代と違う!!

  • 2020.03.26

・〜2019年10月1日 消費税8%    国: 6.3% 地方: 2.7% ・2019年10月1日〜 消費税10%    国:7.8% 地方:2.2% ・2019年10月1日〜 軽減税率8%   国:6.24% 地方:1.76% このように、消費税8%時代と軽減税率8%では、国と地方の配分比率が異なるので注意してください。

期限は5年!!消費税払い過ぎても還付してもらえます!

  • 2020.03.25

税務申告時から5年以内であれば消費税は「更生の請求」によって還付できます。輸入企業は、「付表2 課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表」の「課税貨物に係わる消費税額」に記載があるか確認ください。輸出企業は、「消費税の還付申告に関する申告書」を提出しているか確認ください。

輸出企業も忘れずに!消費税戻ってきます!!

  • 2020.03.24

納税する消費税は、売上で受取った消費税から仕入(経費)で支払った消費税を差し引いた額です。 従って、輸出企業の輸出売上は消費税がゼロなので、結果的に納税する消費税がマイナスになり、それは消費税の戻り(還付)を意味します。 輸出企業は、還付の申告を忘れないように注意ください。

関税が下がると消費税も一緒に下がる!?(消費税10%版)

  • 2019.12.09

実は関税を削減すると、同時に消費税を支払う金額が下がります。2019年10月から消費税10%に引き上がり、更にそのインパクトは大きいものになっています。軽減税率制度導入による軽減税率8%は、従来の消費税8%とは内国税と地方税の配分が異なりますので計算には注意が必要です。

Translate »