輸出入/通関 代行

海外から安い商品を仕入れて、日本で販売したい。今まで国内のみで販売していたが、これから海外にも販路を拡大したい。でも、どうやって海外からモノを輸入し、あるいは海外へモノを輸出していいのかわからない。

そのようなお悩みを解決します。

タリフラボの専門パートナー企業が輸出入および通関業務を代行致します。タリフラボと提携しておりますので、企業様に無駄な関税は一切払わせません。EPAが活用できる国とのお取引かどうかも併せて確認し、可能な場合は関税削減のご提案もいたします。

 事実、一般的な輸入代行業者や通関業者自らが輸入者に関税削減を提案するケースは少ないです。といいますのは関税は通関業者が立替えていいるに過ぎないので、直接的に損をしないと共に、自分達に得にならない関税削減まで対応する余裕がないからです。彼らは、正しいHSコードで通関することの責任があるのでそちらには注力しますが、関税削減に必須の原産地証明書添付といったあえて複雑になる通関手続きを彼らから提案するインセンティブはありません。もちろん、サポートしてくれる通関業者もいますが、基本的に上記理由より積極的ではありません。

 企業の皆様に「関税を無駄に払ってませんか?」とお尋ねすると、「うちはプロの通関業者に任せているので大丈夫」と言われる企業様がいます。しかし、FTAやEPAが締結されても、企業が自ら申告しない限り最も安い関税率にはなりません。そして、企業から確認しない限り通関業者は自発的にそれを実施してくれることはありません。通関業者はHSコードを判定し関税率を特定することで税関に関税を正しく収めることのプロではありますが、関税削減することについてのプロではないからです。関税を減らすためには企業が自ら動いて申告する必要があります。なぜなら原産地証明書を企業が準備しなければいけないからです。

一方、我々は、専門パートナーである通関業者と組むことで上記の関税削減の可能性のチェックも通関時に同時にします

輸出入は最初が肝心です。無駄な関税を払わない輸出入をご希望であれば、下記までお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
Translate »