関税

1/11ページ

【10分でわかる!!】日フィリピンEPA 一般ルールなし!

  • 2020.03.30

今回は、日本とフィリピンの2国間EPAです。一般ルールで関税分類変更基準や付加価値基準の詳細の数値設定はないので、個別に品目別規則を確認する必要があります。また、ASEANからの非原産材料を利用しないと原産性が認められない例外もありますのでご注意ください。

関税とは? 国に払うショバ代!?

  • 2020.03.29

関税とは、「うちで商売したいなら場所代払え」の「場所代」のようなものです。関税の代表的な計算方法には従価税、従量税等があります。また、特殊な関税として、相殺関税、不当廉売関税、緊急関税、報復関税があります。

消費税還付 会社は得ではない

  • 2020.03.27

消費税は消費者が負担するものです。企業は間に入って、右から左へ流しているだけなので、還付されても損得はありません。逆に企業が消費税の申告を間違えると本来負担すべきでない消費税を企業が負担することとなり、損してしまいますので注意ください。

軽減税率要注意!国と地方の配分比率 消費税8%時代と違う!!

  • 2020.03.26

・〜2019年10月1日 消費税8%    国: 6.3% 地方: 2.7% ・2019年10月1日〜 消費税10%    国:7.8% 地方:2.2% ・2019年10月1日〜 軽減税率8%   国:6.24% 地方:1.76% このように、消費税8%時代と軽減税率8%では、国と地方の配分比率が異なるので注意してください。

期限は5年!!消費税払い過ぎても還付してもらえます!

  • 2020.03.25

税務申告時から5年以内であれば消費税は「更生の請求」によって還付できます。輸入企業は、「付表2 課税売上割合・控除対象仕入税額等の計算表」の「課税貨物に係わる消費税額」に記載があるか確認ください。輸出企業は、「消費税の還付申告に関する申告書」を提出しているか確認ください。

輸出企業も忘れずに!消費税戻ってきます!!

  • 2020.03.24

納税する消費税は、売上で受取った消費税から仕入(経費)で支払った消費税を差し引いた額です。 従って、輸出企業の輸出売上は消費税がゼロなので、結果的に納税する消費税がマイナスになり、それは消費税の戻り(還付)を意味します。 輸出企業は、還付の申告を忘れないように注意ください。

1 11
Translate »