関税

1/22ページ

関税削減!!日英EPA 大筋合意へ ブルーチーズ妥結?

  • 2020.08.28

日英EPAが8月末で大筋合意の見込みです。イギリスのブルーチーズの日本輸入時の取り扱いについて妥結されたようです。具体的には、イギリス産には29.8%の高関税をいったん適用するも、毎年末以降にEU産関税(現在は24.2%)との差分を輸入業者に還付する形になる見込みです。

20年以上ぶりの合意!米国 EU 関税削減合意 まずは一部の輸入品から

  • 2020.08.25

20年以上ぶりに、米国とEUが関税削減で合意しました。今回の合意で、EUは輸入する米国産生鮮・冷凍ロブスターの関税を少なくとも5年間は撤廃することになり、米国は調理済み食品やガラス製品、使い捨てライターなどへの関税を50%引き下げることになりました。

9月26日から適用!米国 香港への追加関税? 香港原産品は「中国原産」と明記へ

  • 2020.08.23

2020年9月26日より、香港原産品を米国に輸入する場合の原産地表示は「中国原産」としなければならなくなります。その結果、9月26日以降に米国に入るものは全て「中国原産」と表示することが求められ、違反の場合には10%の追加関税が徴収されます。ただし、米政府が1972年通商法301条に基づき指定した中国原産品に課している追加関税に関し、香港原産品は引き続き対象外となり追加関税はかかりません。

関税削減!!日EUEPA 自己申告制度 生産者 輸出者の記載方法 図解版

  • 2020.08.23

自己申告制度は、生産者と輸出者のどちらも申告することが可能となっており、認められる申告の仕方は4通りあります。今回はわかりやすく図解で説明しました 。商業上の文書(インボイス等)の発行者と申告文の記載者が異なる場合は、「商業上の文書を発行した者でないこと」を申告文に明記する必要があります。

関税削減!!日EUEPA 自己申告制度 生産者と輸出者 4つの申告文記載方法

  • 2020.08.20

自己申告制度は、生産者と輸出者のどちらも申告することが可能です。認めらる申告の仕方は4通りあります。ただし、商業上の文書(インボイス等)の発行者と申告文の記載者が異なる場合は、「商業上の文書を発行した者でないこと」を申告文に明記する必要があります。

1 22
Translate »