【10分でわかる!!】日EUEPA ざっくり原産地手続

  • 2020.02.17

今回はEPA(FTA)活用して関税削減するために守るべきルール(「原産地規則」「積送基準」「原産地手続」)の3つ目「原産地手続」についてです。原産地手続は、「証明手続」「記録保管」「検認」に分類されます。そして、「証明手続」には第三者証明制度、輸出者認定制度、自己申告制度の3つがあり、日EUEPAは「自己申告制度」のみとなっています。

【10分でわかる!!】日EU EPA 特殊な原産地規則と積送基準!

  • 2020.02.17

今回は特殊な原産地規則を2つお伝えします。まず、原産材料と非原産材料を混ざって保管している場合の原産性をどう判断するかです。2つ目は付属品や梱包材は原産性の判断に含めるのか含めないのかです。なお、このような原産地規則以外に原産性を得るために必要な条件の一つである「積送基準」についても併せて説明しました。

【10分でわかる!!】付加価値基準のお助けルール!

  • 2020.02.16

付加価値基準が使えないかもと思ったら、こちらを検討ください!!今回は、ロールアップ(「原産材料の非原産材料」は無視可能)とトレーシング(「非原産材料の原産材料」は取り込める)という救済規程について説明します。補足でロールダウン(無理して2次材料まで知る必要はない)も解説しました。

【10分でわかる!!】日EU EPA 10%以下は無視!!

  • 2020.02.08

「関税分類変更基準」が使えないとなっても諦めないで!!デミニマスという救世主を使ってください。デミニマスルールとは「少ない非原産材料は無視してもいい」というルールです。日EU EPAは取引価格(FOB価格)の10%以下は「少ない」とされデミニマス・ルールを活用できます。

【10分でわかる!!】日EU EPA 「譲許表」の見方

  • 2020.02.08

譲許表とは英語でスケジュール(schedule)とも言われ、簡単にいうと「関税削減スケジュール」です。日本とEUは2019年2月からEPAがスタートしましたが、全部の産品がいきなりゼロにはなりません。毎年少しづつ下がってゼロになるものもあるし、毎年少しづつ下がってある一定の%で落ち着くものもあります(それ以上は下がらない)。

1 2 9
Translate »